Skip to content

木造住宅に併設するピアノ教室の前提

2017年10月10日

最近、木造住宅のご自宅にピアノなど音楽教室を併設されるご相談が増えてきました。これは資産活用や自営業の用途が増えてきたという背景があります。

木造住宅の場合、当然ながら自分で運営するピアノ教室のスペースは限られており、防音壁などを厚くすることはでません。
そこで重要になる前提条件は
・薄い防音構造で費用対効果を高めること。
・良好な音響を確保すること。
・近隣やご家族に迷惑ならないような防音性能を確保すること。
この3つになると思います。

最も適する構造は、在来工法による木造建物です。
できれば、防音室は1階に併設したいのですが、在来工法であれば2階に設置することも難しくはありません。
*ツーバイフォー工法の建物は床などが響きやすいので、2階以上のフロアに防音室を構築することは難易度とコストがアップします。

いずれにせよ、木造住宅ならばピアノ教室など音楽防音室を造ることは可能です。

ただし、適正な音響・防音設計や施工要領が不可欠であることを忘れないでください。

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。