Skip to content

木造住宅2階のピアノ教室(続報)

2017年1月26日

昨年の記事(ピアノ教室の防音室)の続報です。

無事に先日、防音工事が完了し、すでに依頼者のピアニストは大型のグランドピアノ2台を設置され、音漏れや音響を確認されたようです。

当初の目標であった音漏れを大幅に軽減するという目的は達成できまして、防音効果がかなり高まったことを体感されました。
あとは、私が伺いまして、音響などの確認を近日中に行いたいと思います。

想定通りの防音効果が出た要因は、手前味噌の私の防音設計はおいといて、おそらく既存の建物の床などの補強が新築時にされていたこと、今回の工事において更に床補強をした効果が出ていることだと思います。

木造は床や壁の下地補強を行うと、質量則や想定以上の効果が出ることが多く、薄い防音構造でも十分な遮音効果が得られます。

もちろん、新築物件の場合は予め、床の下地補強に重点を置くと、リフォームによる生活防音や防音室の構築に有利に作用します。

それと壁などに音響を落ち着かせる木質繊維ボードなどを併用したのがプラスになったと考えられます。
すでにこの現場は、ピアノ教室のオープンに向けて準備の最中です。

また、後日、ピアノ教室の記事を投稿したいと思います。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。