Skip to content

木造住宅2階にピアノ教室の防音室

2016年12月12日

現在、木造の戸建住宅2階に大型グランドピアノ(スタインウェイ、ヤマハC5)を2台設置するピアノ教室の防音室を検討中です。

床の構造的補強、既存の防音ドアを生かすため直近の壁の厚さを変更できない、間口が狭いのでピアノの配置上の制約があるなど、いくつかの難しい課題があります。

近所への音漏れ対策だけではなく、ピアノ教室のレッスン中のご家族への配慮のため、出来る限りの防音効果と音響対策が必要です。

提案として、音響化粧板、木製ボード、構造補強材、上り框、2種類の制振材と遮音材を重ねて施工し、比較的薄い構造で構築することにし、依頼者のご要望を満足することができました。
*最大の問題は壁の防音構造を40ミリ以下の厚さに抑える事でした。

年内に着工し、来年(2017年)の1月中旬頃に完成する目標で進めています。
部屋が狭いのでDIYによる吸音板で音響や音漏れを調整する必要が出てくると思いますが、音響調整までお付き合いする予定です。
*ピアノ教室開設後のホームページへの協力もお約束しています。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。