Skip to content

木造住宅に併設したピアノ防音室(教室)

2014年4月18日

 先日、東松山市内の新築住宅(竣工後1年以内)において、今年、ピアノ教室をひらくために防音室をリフォームしました。予算が他の専門業者の半額以下という厳しい条件があり、薄くて工期を短縮できる仕様を検討したものです。
*新築業者がピアノ防音室を新築時に施工したのですが、あまりの音漏れの酷さと反響音の強さに、とてもピアノ教室を運営できないと判断された依頼者から相談がありました。新築時に予算をほとんど使い切り、途方にくれていたところ、防音職人のサイトを見つけたとのことです。

 その後、私の防音設計と専属の施工チームによる工事によって、既存の壁に約29ミリの防音施工で、現状の音漏れを半分以下に軽減する目標で行いました。
 完成後の依頼者のご報告によると、室内の反響音が軽減されて快適な音環境になったうえ、戸外への音漏れは、半分から1/3程度に体感できるだけでなく、場所によっては2~3メートル程度離れるとほとんど聴こえないレベルになっていると言われました。

 DIY対策も含めて、全体ではある専門業者の半分以下の費用で目的を達成することができ、今年の夏までには、予定通りピアノ教室を開始できるそうです。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。